代表プロフィール

河名 紀子 Noriko Kawana

■ハウジングジャーナリスト
■住生活マーケティング・プロデューサー

上智大学文学部卒業後、㈱中日新聞社入社。同社東京本社「東京新聞」にて編集局記者。生活部記者として衣食住について取材経験後、住宅業界紙「住宅産業新聞」にてハウスメーカーやビルダー、国の住宅政策などについて取材。編集記者、企画部課長、住宅業界誌編集長などを経て独立。


女性・妻・母・生活者の立場でハウジングジャーナリストとして住宅・不動産に関する執筆・講演・情報発信・研究分析を行うほか、「女性と住まい」の視点を生かした商品開発・新規事業・既存事業再編・企画PRプロデュースも展開。

少子高齢化時代の住まいや資産活用を研究すべく、サービス付高齢者住宅や不動産投資の業界でも経験を積む。「戸建」「マンション」「高齢者住宅」「実需と投資」など、あらゆるジャンルの住宅不動産業界にて通算30年以上携わる。

長く多ジャンルのマスコミ活動経験を生かし、クライアント企業・中小企業経営者・起業家向けに、従来のメディア戦略に捉われない新しいPRプロデュースやコンサルティングも行っている。


・ ㈶不動産近代化センター「これからの不動産業あり方研究会」委員(2011年)
・MBA経営学修士 The Graduate School of Management, Globis University

・(公社)全日本不動産協会認定 住宅ローンアドバイザー



Copyright © Media Housing Labo. All Rights Reserved.